結婚式場や二次会を盛り上げる~アットホームウエディング~

結婚

二次会の幹事

ウェディング

結婚式の二次会は式や披露宴に参加した人以外の人も招くことができ、リラックスした雰囲気で楽しむことができます。二次会の幹事決めは非常に重要で、信頼できる人を幹事としておくことが大切です。

Read More

二次会のスタイル

ドレス

結婚式の二次会は新郎新婦が企画しており、自由なスタイルで決めることができます。結婚式会場で二次会を行うことや、レストランやダイニングバーを貸しきって行うという方法もあります。

Read More

結婚式の費用

ウェディング

結婚式が派手で他の地域よりも費用がかかると言われている地域が名古屋です。しかし、最近は結婚式の費用を抑えるカップルも増えてきています。招待客にかかる費用を算出してから費用を決めると様々なことが決まりやすくなります。

Read More

Related Links

  • こだわりで選ぶ福岡の結婚式場ガイド

    こだわりのロケーションが光る福岡の人気結婚式場がこちら。カップルが感動するような施設とサービスがあるスポットが見つかります。

会場を選ぶ

結婚式の二次会の幹事を頼まれたならコチラに相談してみてください。みんなに喜んでもらえるような二次会をプロデュースしてくれますよ。

結婚式二次会は時間がタイトです

ウェディング

結婚式は挙式と披露宴を1次会とし、フラットな形式のパーティーを2次会として行うのが一般的です。1次会と異なり、出席者は友人全般や会社の同僚など幅広い層が対象となるため、規模が大きくなるケースもおおいため基本的には会費制となります。司会や進行は友人などによって行われるため、アットホームなパーティーとなることからも予算を大幅に抑えられるようになります。しかし、会場の手配や余興の企画、買い出しなどは全ては二次会幹事、または新郎新婦となるため、準備に時間と量力は必要となるでしょう。二次会の予算設定のバランスが重視する一番のポイントといえ、予算をかけすぎると参加費が上がってしまい出席者の負担が増えてしまいますし、低すぎれば品素なパーティーとなってしまいます。

会場選びが重要といえます

二次会では会場選びが最も重要なポイントといえます。まずリッチに関してですが、結婚式二次会は披露宴を行った後にすぐ準備を行う必要があります。そのため、会場は結婚式場の近くが望ましく、とくに新郎新婦は着替えやメイクのしなおしの必要も多いため、開始時間に遅れないようにしなければなりません。1次会修了から最低でも2時間程度は時間が必要になるため、二次会の開始時間を設定するようにしましょう。しかし時間をとりすぎると1次会と2次会両方出席される方を待たせることになるため注意が必要です。そして会場の広さも参加者の数によって適切な広さであることが求められます。出席者が多いにもかかわらず会場がせまければ窮屈な思いをさせてしまいますし、反対に出席者が少ないのに会場が広ければ寂しげな雰囲気になってしまいます。結婚式はおもてなしをするという気持ちが第一なので出席者目線にたった会場選びが必須といえます。